忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
--【口座開設キャンペーン情報】--------------------------
 → FX口座開設キャンペーンで現金10,000円がタダでもらえる!
-------------------------------------------------------



[PR] |
長期投資銘柄(武田薬品工業の純資産(BPS)の推移)
 現在の株価が割安かどうかを判断するには、株価純資産倍率(PBR)で確認する方も多いでしょう。この場合、現在のPBRで判断するのが一般的です。

 しかし、私は、過去のできるだけ長期間の株価純資産(BPS)の推移を確認し、現在の株価が割安かどうかを判断することにしています。

 長期間の推移を確認することにより、その会社が安定的に収益を計上し、健全に純資産を蓄積しているかを検証することができるからです。

 武田薬品工業の一株益(EPS)の推移は以下のとおりです。

年   EPS  配当   BPS
2003年 307.6 65 1777
2004年 321.9 77 2012
2005年 313.01 88 2261
2006年 353.47 106 2653
2007年 386 128 2816
2008年 418.97 168 2706
2009年 289.82 180 2548
2010年 377.19 180 2687
合計 2767.96 992 910(増加分)
平均値 345.99

 現在のBPSは約2687円。

 過去のEPSの合計が約2768円、配当の合計が992円、BPSの増加分が約910円です。

 配当の払い出し分を除くと、過去の利益はしっかりと純資産として蓄え込んでいます。

 上記データを見ても、4000円程度の株価は非常に割安だと私は考えます。
PR


--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
--【口座開設キャンペーン情報】--------------------------
 → FX口座開設キャンペーンで現金10,000円がタダでもらえる!
-------------------------------------------------------



長期投資銘柄(武田薬品工業の純資産(BPS)の推移) | Comments(0) | TrackBack(0) | 長期投資銘柄(4052武田薬品工業)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 長期投資銘柄ブログ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]